• 害獣忌避にはウルフピーがおすすめ

    獣害に悩んでいる農業者、菜園愛好家はたくさんおられますが、様々な理由から対策を取れない場合も多くあるようです。



    例えば町に近い田畑には、安易に危険な電流装置は設置できません。
    いくら危険をアピールしても、子どもやペットが触れてしまい、事故が起こる可能性が容易に想像できます。


    毒えさを置いて駆除する方法も手軽ですが、こちらもまたお子さんや飼い犬などが犠牲になってしまったり、毒えさを食べた害獣が目に付く場所で死んでしまうこともあって、ご近所からも良い印象を持たれないことがあります。


    しかし何の対策もしないでいると、まるで楽園のように、周辺の害獣の食事場のようになってしまう恐れもあります。
    ネズミ1匹でも相当食べますので、増えれば誰のための田畑か、わからなくなるような事態も起こります。

    そこでウルフピーの有効性ですが、安全性と効き目が口コミでも広がっています。
    名前の通り「おおかみのおしっこ」を適宜塗りつけたり散布すると、害獣が警戒して近寄ってこないことが知られています。

    ウルフピー自体は毒ではなく忌避剤ですので、害獣が死んでしまうことはありませんし、人間が手で触れても直ちに危険が起こるようなものでもありません。

    これからは朝日新聞デジタルの情報を探すならこちらです。

    もし手に着いたら、きれいに洗えば大丈夫です。



    「ウルフピーって相当臭いのでは?」と言う心配もなく、例えば犬がおしっこをする、と考えて頂くとわかりやすいと思います。
    今は空前のペットブームとされていますが、うんちはともかく「犬のおしっこが臭くて」と言う苦情が出ていないところからも、大量にやたらと散布しなければ問題はないとのことです。