• ねずみ超音波ならでは便利がある

    今までは薬剤によるネズミ避けや殺傷がメジャーでしたが、ねずみ超音波機で避ける手段も最近は注目されています。
    ネズミが嫌う高周波を出し、ネズミを事前に避けようという方法です。小さい子供がいる家庭では、薬剤の使用を避けたいという人は多いと思います。
    野外に薬剤を仕掛ける場合では、家庭菜園やガーデニングへの影響があります。



    ほかにも捕獲カゴや粘着シートといった罠がありますが、これらはある程度の設置場所が必要です。

    さらに置き場所はネズミの生態に精通している必要があり、素人には扱いが難しいことがあります。罠にはランニングコストの問題もあります。
    餌の入れ替えにシートの交換。

    ロケットニュース24の便利な情報を集めたサイトです。

    少しずつ積み重なるとじわじわコストが増えていきます。


    ねずみ超音波機なら、小型の機器が超音波を出すわけですから、設置場所はネズミの出現範囲にあればOK。



    しかもコンパクトなので生活の邪魔になりにくく、見た目も罠を置くような物々しさがありません。たとえ子供が触れても毒性はなく安全で、ランニングコストは電源だけとなります。ねずみ超音波機以外の目立つ問題として、捕らえたネズミの処理という共通の作業があります。

    これが一番の問題という人もかなり多いようです。超音波ならば事前にネズミが避けるわけですから、ネズミの処理どころか姿を見る機会そのものを減らすことができます。

    電源はコンセントから取るものや、電池式、ソーラーパネル付きの製品と多様な種類があります。


    設置場所に合うタイプを選んで、賢く利用したいですね。