• 動物の本能に働きかけるウルフピーで害獣対策を

    知らない間に家の中の天井裏などに住み着いて、柱や断熱材をかじるだけでなく糞尿被害で不衛生になり臭いもする事から迷惑な害獣としてイタチやハクビシンがあります。



    また農家の方にとってはタヌキやイノシシなどが農作物を食い荒らす事から、様々な対策が必要となっています。


    そんな害獣対策ですが動物によっては鳥獣保護法により、捕獲や処分が禁じられているので素人が行う対策は近づけないようにするか追い出す方法しかありません。
    駆除方法は罠や有刺鉄線にネットなどある中で、最近アメリカで25年もの実績を誇っているウルフピーが話題になっています。

    YOMIURI ONLINE情報は初心者にも分かりやすいです。

    このウルフピーとはオオカミの尿を主成分とした忌避剤で、野生動物が持っている本能に働きかける駆除方法なのです。

    害獣が寄り付く場所にウルフピーをまいておく事で、マーキングなど縄張り意識の強い動物はDNAに仕組まれている命の危険をウルフピーの臭いで感じ取り逃げ出してしまうのです。

    人間より何倍も嗅覚が発達しているのですぐに分かりますし、ハーブや刺激臭での対策ではそのうち慣れてしまう動物も本能に働きかけられる事から効果も抜群です。
    尿の臭いと言うと人間にも悪臭と言う感覚がありますが、屋外にまいた場合は臭いが気になる事はありませんし、天井裏など家の中にまいた場合も同様です。



    アメリカでは25年以上もの実績があり全世界で話題の害獣対策として、日本でも通販サイトなどで購入する事が出来ます。高いお金を払って専門業者に依頼するよりも、ウルフピーで確実な害獣対策が出来ます。